解体工事にはつきものの、騒音、振動、ホコリ。

解体工事は、モノの大小はあるものの建物を取り壊すわけですから、工事過程において、騒音、振動、ホコリの発生を免れることは出来ません。

騒音、振動、ホコリ、どれも周囲の人にとってはいい迷惑ですが、それらを工事の間ずっと発生させないこと等、絶対に無理な話ですから、問題は、工事期間中どれだけ周囲への配慮ができるか…、という点になります。

効率的に素早く、そしてできるだけ低価格で解体工事を行おうとすると、必然的に騒音、振動、ほこりの発生は多くなり、周囲への配慮もおかまいなしになります。

格安で工事を請け負う解体工事屋も最近はかなり増えているようですが、そういった業者の多くは、周囲への配慮もなく荒っぽい工事をしている業者です。

騒音、振動、ほこりによって周辺住宅へ大きな悪影響を及ぼせば、施主自身がクレームに巻き込まれてしまうおそれもあるので注意が必要です。

そのため、解体工事業者を選別する際には、必ず、騒音、振動、ほこりの発生を最小限に抑えるために、その業者がどのような工夫をしているのかをしっかりとチェックすることをオススメします。

騒音や振動は工事時間帯を考慮したり、設備機器を工夫することで最小に抑えることができます。

また、きちんとした防音シートを用いれば、騒音やホコリの発生も軽減することができます。

さらに、クレーム対応はどのようにしているか?この点もチェックすれば完璧です。

解体工事と言うと、どうしても予算重視で業者を選んでしまうものですが、騒音、振動、ほこりへの配慮も非常に重要ですので、『解体工事最新情報』で必ず確認するようにしましょう。